社会人インタビュー 武藤由貴さん

社会人インタビュー,武藤由貴

信念を持ち続ければ夢は必ず叶う

武藤由貴,柔道整復師,鍼灸師

整骨院に勤務し、整骨院業務に加えて介護施設でのリハビリやスポーツトレーナー、そして美容鍼灸など、3つの国家資格を持っている自分だからこそ行える治療をしています。
中学3年生の時、部活のバレーボールで肩を壊し、柔道整復師の父と鍼灸師の母に治療してもらったのがきっかけで、この仕事に興味を持ちました。
幅広い年代の方が様々な理由で来院されます。そうした人たちを「自分の手」で治療し、喜ばれたり感謝されたりすると、この仕事のやりがいを強く感じます。

今は、とにかく勉強がしたいです。実際に仕事をしていると、知りたい知識や習得したい技術が増えてきます。
勉強することで、治療の幅も可能性も広がるのがこの仕事の魅力です。ですから、仕事と勉強の両立を図るのが、今の目標です。
まだ先の話ですが、いつか家庭持ちたいと考えています。一度取得した国家資格は一生もの。技術は自分の体に染み付くので、自分自身が財産です。
だからこそ、家庭を持っても自分の力で仕事を続けられると思います。


資料請求