【受験生の皆様へ】新型コロナウイルス感染症に対応した試験実施についてご協力のお願いご連絡

受験生の皆様へ
 令和2年6月19日文部科学省より「令和3年度大学入学者選抜に係る新型コロナウイルス感染症に対応した試験実施のガイドライン」が発出されましたことを受け、試験場における感染拡大を防止し、受験生自身が安心して受験できる環境を確保するため、以下の通りご対応いただきますようご協力のほどよろしくお願いいたします。また、受験に関してご心配・ご不安なこと等がございましたら、本校総務課までお気軽にご相談ください。
①医療機関での受診
発熱・咳等の症状がある受験生はあらかじめ医療機関での受診をお願いします。
②受験できない者
新型コロナウイルスに罹患し、試験日までに医師が治癒したと診断していない者や、試験日直前に保健所等から濃厚接触者に該当するとされた者は速やかにご連絡ください。
③受験の取り止め
試験の前から継続して発熱・咳等の症状のある受験生は、当初予定していた受験日ではなく、別日程での受験をご検討お願いします。
④試験当日における対応
試験開始前に受付にて発熱・咳等の症状の有無を教職員が確認します。
発熱・咳等の症状のある受験生は、試験当日の検温で、37.5度以上の熱がある場合は受験を取り止め、別日程での受験をお願いします。
また、37.5度までの熱はないものの、発熱や咳等の症状のある受験生は、その旨を試験監督者等にお申し出ください。 本人の申出により、発熱・咳等の症状のあった場合には、別室で受験すること、または別日程にて受験を行うことを提示する場合があります。
⑤試験当日の服装
試験当日、試験室の換気のため窓の開放等を行う時間帯があるため、上着など暖かい服装を持参くださいますようお願いします。
⑥マスク着用のお願い
発熱・咳等の症状の有無にかかわらず、試験場内ではマスクの着用をお願いします。休憩時間等の他者との接触、会話を極力控えるようお願いいたします。
⑦試験室ごとの手指消毒の実施
試験室への入退出を行うごとに、手指消毒をお願いします。
⑧保護者控室は設置しません
試験場への入場者数や集団の形成を極力抑制する観点から、受験以外の用務がある者の入場は最小限になるようにし、保護者控室については原則設置しないことといたします。