社会人インタビュー 嶋田健一さん

社会人インタビュー,嶋田健一

今の経験を次の夢に活かしたい。

嶋田健一,メディカルトレーナー

柔道整復師を目指したきっかけは、高校時代に野球部に所属し、整骨院の先生のおかげでプレーを続けることができ、自分もそういった子供たちを支えたいと思ったからです。
普段の仕事では、試合の帯同や障害予防のトレーニング、コンディショニング、リハビリなど、選手のサポート全般を担っています。
株式会社FRONTIERでは、イーグル整骨院・クレーン整骨院において院長業として携わり、多くの経験と知識を身につけることができました。
トレーナーとしてはアスリートファーストを心がけ、選手の話をよく聞き、心を捉えるようにしています。
日本代表のスノーボードチームと関わるようになって4年になります。
国際大会では多くの方に応援していただき、たくさんの笑顔とありがとうをいただいています。
この仕事に巡り会えたこと、支えていただいた皆様に心から感謝しています。