社会人インタビュー 菅野健太さん

社会人インタビュー,菅野健太

チームが勝ったときの喜びはひとしおです。

菅野健太,柔道整復師,鍼灸師

学生時代、怪我をしたときにトレーナーの方にお世話になり、自分もこの仕事に就きたいと思いました。
卒業後は鍼灸の資格を活かして神奈川県でトレーナーとして活動を行っていましたが、震災後、仙台にも新たなプロフットサルチームができると声をかけていただき、地元へ戻ってきました。
東北唯一のFリーグクラブであるヴォスクオーレ仙台では、創立当初からトレーナーとして活動を続けています。
現在は選手の怪我や故障の予防と応急処置(鍼灸治療やテーピング、リハビリテーションなど)をはじめ、筋力トレーニングなどのパフォーマンス力の向上、ウォーミングアップやクールダウンなどのコンディション調整に携わっています。スポーツを重視したカリキュラムのある本校を卒業した自分だからこそ、様々な方面から選手にアプローチができています。
怪我から復帰した選手が活躍したときや、チームが勝ったときの喜びはひとしおです。
これからもフットサルを大いに盛り上げながら、次世代のトレーナー育成に力を入れていきたいです。

資料請求