スポーツトレーナーを目指す先輩

Second Career~第二の人生に向けて~,大久保剛志,モンテディオ山形

現在、プロサッカー選手として、モンテディオ山形に所属し、また、本校夜間部に在籍する、「大久保 剛志」選手に『なぜ?大久保選手はサッカー選手から、柔道整復師を目指しているのか?』をお聞きしました。


サッカー選手から、柔道整復師を目指すと決心した経緯は?
int01_r4_c1

現在はサッカー選手ととしてプロ契約という形で契約をしていても、いつかは必ず来る引退を考える。
ただ、今はサッカーに集中していて、その中でも時間がある状況だった事もあり、時間を有効に使いたいと思った。

また、プロとして学校に通うという事が、その中で自分の生活リズムを整えられるという思いもあった。
だから、サッカーを続けているうちだからこそ、学校に通いたいと思った。

僕は、サッカーをやっているうちに色んな人に支えられて自分はサッカーを続けてくる事が出来た。
そんな、『今までお世話になった人達に感謝』の思いがある。
だから、『何らかの形で自分が返して行きたいな』って思っていた中で、この柔道整復師という職業を知った。
柔道整復師について、もっと話しを聞いてみて。今までお世話になった人達にも恩返しできる!これはもう自分にピッタリな職業だなと思った。


将来的には柔道整復師として、どういう分野を目指したいのか?
int01_r6_c3

まずは、「資格を取りたい」という所が一番だった。将来的には自分の接骨院を持って皆さんに貢献したい。
柔道整復師は本当に色んな分野で活躍できる仕事。
接骨院を持つまでの間にも、違う形でも皆さんには 貢献できると思う。

ただ接骨院を持つのはまだ先の話しになると思う。
今はサッカーに集中したいし、そこまで先の事は まだ考えてはいないが、今と将来の事、併行して進めないと、前進できない。

いずれは自分の医院を持ちたい。

本校はスポーツトレーナの資格も取得できるが、サッカー選手として、スポーツトレーナーの勉強内容についてはどう思ったか?

やはり、自分が今まで色んなケガをして来たので、 わかるのですが、ケガをした時って誰でも不安になると思うのですね。

その中でも、小学生や中学生はまだ小さい子として、大きな不安を感じると思う。
だから僕がアドバイスできたらいいなー。と思う。

トレーナーについても興味はある。


int01_r9_c1 int01_r9_c1_r2_c1
int01_r10_c3

半年間通ったが、その中でエネルギーの作りとか、 タンパク質の重要性など、本当に深く細かく教えてもらったところで、
「あ、そうだったんだー!」という所があった。

もちろん「私生活ではリズムも大事」なんだなって思う部分もあったし、すごく勉強になったし、 サッカーの中で実際に生かして行こうと思った所も多かった。


大久保選手、ありがとうございました。新天地モンテディオ山形でも頑張ってください。