東日本医療専門学校トレーナーコラム (柔道整復師)(鍼灸師)V0l.2コラム

皆さん、初めまして。
健生トレーナーコラム第2回を担当することとなりました、2人目のトレーナー大村 裕です。
前回に引き続いてではありますが、始めということで自己紹介から入らせていただきますので、皆さんどうぞお付き合いください。

このコーナーのトレーナーは野球関係者が多いのですが、私も漏れずに野球です!
私は、小学から野球を始め、中、高校と野球に打ち込んできました。
高校生の時に繰り返しのケガでまともに練習が出来ず、やる気をなくしていた時に
通った整骨院がきっかけでこの業界に入ることとなりました。
その整骨院の先生もスポーツトレーナーで、私がなぜケガを繰り返すのか、どうすればいいのかを分かりやすく説明・指導してくれ、どん底から引き上げてくれたことに影響されて、私も同じような境遇の人たちの役に立ちたいと思ったからです。
現在は、株式会社健生直営やわらぎ整骨院 上杉で院長をやりながら楽天ベースボールスクールのメディカルトレーナー、東北大学医学部ラグビー部のトレーナーとして活動しています。


「5gの予防は1㎏の治療に匹敵する」
これは私のトレーナー活動をしていく上で大事にしている考え方です。
今まで活動をしてきて、私自身もそうでしたが同じケガを繰り返す選手というのは、選手自身がケガの原因を理解しておらず、繰り返すべくして繰り返している場合が多いように感じます。
ですから私は、選手にはまず原因を理解してもらいケガを繰り返さない、予防をしていく、という事を第一に対応しています。
最終的には選手自身が自分の状態を把握し調整を行えるような自己管理能力を身に付けてもらう事を目標にトレーナー活動を行っております。

今後、私はケガの予防を中心に活動の際の症例や小ネタ等を発信していこうと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!

image002