国家資格を持ったスポーツトレーナーへ!

sport_r1_c1sport_r2_c1 sport_r3_c1 プロスポーツをはじめ社会人・学生などのアマチュアスポーツで競技する選手が、常にベストの状態でプレイできるように健康管理・栄養面のサポート、トレーニング方法のメニューの作成、ケガに対する応急処置、コンディショニングなど、選手をトータルにサポートするのがスポーツトレーナーの仕事です。

スポーツトレーナーは仕事の内容によって役割と名称や異なり、「メディカルトレーナー」や「アスレティックトレーナー」などがあります。どちらも選手の能力向上や体調管理には欠かせない重要なポジションとして、様々なスポーツの現場で活躍しています。

しかし、日本ではスポーツトレーナーという国家資格は存在しません。多くの民間資格保持者も活躍してますが、メディカルトレーナーとして柔道整復師や鍼灸師の「国家資格を取得すること」こそが、成功するスポーツトレーナーの第一歩といえるでしょう。

sport_r5_c1 sport_02 メディカルトレーナーやアスレティックトレーナーは主に選手が怪我などした場合などに回復の手助けをするトレーナーです。また、スポーツドクター及びコーチと緊密な連携と協力の基にアスリートをトータルにサポートするのが目的です。

アスレティックトレーナーは日本体育協会やジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会等が認可を行っている民間資格です。民間資格ですので、現状では、法整備がされておらず、誰でもトレーナーを名乗れるのが現状です。ちなみに、アメリカではNATA(National Athletic Trainer’s Association)が行う同様のアスレチックトレーナー公認資格があり、近年では、日本のスポーツ界にも外国人選手が多く在籍するため、NATA資格を取得しているトレーナーも在籍してます。

民間資格であるトレーナーと違い、国家資格である柔道整復師や鍼灸師の資格取得後にメディカルトレーナーを目指す事が、トレーナーを目指す上で非常に有効となります。したがって、柔道整復師、鍼灸師、あんま・マッサージ師などの国家資格を得る事はメディカルトレーナーとしても活躍できる資格になります。

また、現場で求められるトレーナーは、現役選手の日々のケアをしていく事ができる1人のメディカルトレーナーに長く診てもらいたいと思う傾向にあります。1人の選手と長く付き合い、打撲・脱臼・骨折・捻挫やその他のケガや故障の外傷の専門家として、回復や日々のボディケアの相談と自身の判断で施術を行う事ができるトレーナーが求められています。

sport_r11_c1 sport_r13_c1 full 東日本医療専門学校では、柔道整復師・鍼灸師の国家資格を取得してメディカルトレーナーとして活躍する事ができます。本校の卒業生にはベガルタ仙台・東北楽天イーグルスで現在活躍しているトレーナーがいます。
ベガルタ仙台・東北楽天イーグルスでトレーナーとして活躍している卒業生は宮城県内の専門学校卒業生としては、東日本医療専門学校のみから輩出しております。
本校の魅力は、プロサッカーチームやプロ野球チームのトレーナーとして活躍できる質の高い教育を行っている点です。
また、プロスポーツ以外ではメディカルトレーナーに限らず、チームや選手個人のコンデショニングとして活動の幅が広がる場合にも対応できる教育を行っています。

本校は「JATI(特定非営利活動法人 日本トレーニング指導者協会)」の認定校であり、JATIのトレーナー資格を取得する事ができます。これにより、医療系知識を基にしたメディカルトレーナーを原点に、競技スポーツやフィットネスの分野で活躍できるストレングスやコンディショニングのトレーナーとしても活躍できる進路が選択できます。尚、JATIのトレーナー資格取得については、本校ではスポーツ学を授業に取り入れているため、授業への出席にて資格取得要件を満たし、レポートと受験料の提出による申請のみで取得できます。

その他にも「日本スポーツクラブ協会認定資格」も取得できます。
トレーナーだけの資格では、スポーツ関係以外で働く事が難しいのに対し、国家資格である柔道整復師・鍼灸師は活躍できる範囲が広いため、多くの方向性を持って仕事を探す事ができます。
柔道整復師・鍼灸師にとってはスポーツトレーナーも業務分野の選択支のひとつといえるでしょう。

sport_r15_c1 sport_r17_c1なでしこリーグで活躍する、ベガルタ仙台レディースのメディカルトレーナーになってちょうど2年が経過しました。午前中は仙台市内にある整骨院に勤務しながら、午後からはチームの練習に参加、選手たちの様子を観察し、ケガの予防や治療を行っています。プロの世界では、選手の誰もが試合で活躍したいと思っていますから、試合出場にストップがかかることを嫌い、ちょっとした痛みがあっても、「痛い」とは言わないんですね。でも、私は選手の歩き方を見ただけで、「ここが痛いのでは?」とすぐに分かります。私自身、トライアスリートなので選手の気持ちも理解できるのですが、痛みを見過ごすことはできません。選手の心情を気遣いながら、ケガの回復に努めています。
遠征に帯同し、自ら休日も返上して選手たちと過ごした2年間は、とても充実していました。この経験を元に、次は整骨院運営にチャレンジすることを決めています。これからも新しいことにどんどん挑戦して様々な経験を積み、治療家として、人間として成長し続けたいと思っています。

sport_r15_c1 sport_r17_c1ベガルタ仙台のユースとジュニアユースで、プロを目指す選手たちのケガの予防や治療、リハビリを行っています。ケガをしてしまった選手を一日でも早く、よりサッカーにフィットした状態でフィールドに戻すことが、メディカルトレーナーに課せられた大きな使命の一つ。そのための知識と技術をみがきながら、選手との信頼関係を築き、「この人に相談すれば大丈夫」と思われる存在になることを目指します。

sport_r21_c1 sport_r23_c1高校の頃、部活で怪我をして接骨院に行きました。そこで興味を持ったのがきっかけで、柔道整復師を目指しました。現在、柔道整復師の国家資格を活かして東北楽天ゴールデンイーグルスのジュニアスクールでメディカルトレーナーをしています。子どもたちの怪我の治療と予防が主な仕事内容です。