独自学習

憧れの仕事に生で触れる!プロスポーツ研修

将来の仕事としてたくさんの学生が憧れる、プロスポーツトレーナー。
本校では、その現場を学生に体感させる「プロスポーツ研修」を行っています。
実際に第一線で活躍しているスポーツトレーナー・メディカルトレーナーの仕事の現場にうかがって、仕事ぶりを拝見したりご指導いただける「プロスポーツ研修」は、学生たちにとって貴重な体験の場となっています。

プロスポーツ研修

プロスポーツ研修

基本的な知識や技術が、プロの現場でも活かされていることを知りました

本校の卒業生と直接話すことができ、基本的な知識や技術が現場でも活かされていることや、選手とは程良い距離を保つことが大切であることなど、本当に多くのことを学びました。
練習中の子供たちは、大人のように話せるわけではないので、上手に接していかなければならないということも感じました。
将来スポーツ関係の仕事についたときは、ぜひ今回の研修で学んだことを役立てていきたいです。







プロスポーツ研修

プロスポーツ研修

選手と良い関係を保ちながら、素早く処置することが大切です

プロスポーツ研修を通じて、選手とは日頃から良い関係を保ちながら、選手一人ひとりに合った対応を心がけることが大切だと学びました。
スポーツトレーナーとして素早く処置を行い、万が一大ケガをしてしまったときは病院と連携することも重要です。
ケガをした選手に対しては、早期復帰を目指してコンディションを整えることもスポーツトレーナーの役割です。
将来はスポーツトレーナーや柔道整復師として、今回の学びをプロの現場で活かしていきたいです。







国家資格という価値 接骨院、治療院、病院、整形外科はもちろんのこと、介護施設、スポーツ業界、美容業界でのニーズが急上昇しています。特にスポーツ業界では、民間資格では行えない「治療行為」で差をつけ、治療ができるメディカルトレーナーとして存在価値を光らせています。


独自学習

高い信頼を獲得! 柔道整復師、鍼灸師は患者さんの様子を視診・触診して診断し、人間が本来持つ治癒力を利用して施術を行うため、患者さんとの信頼関係がとても重要です。更に、スポーツ業界では体を資本として働くアスリートの怪我・健康管理を任されるわけですから、信頼関係を築き上げることが特に重要となります。「国家資格」という確かな武器があるからこそ患者さんから、そしてアスリートから信頼を得られる第一歩となるのです。

一生の資格という強み スポーツトレーナーになるために学校に入学したのに、スポーツ業界では「国家資格」が重視され、「認定資格」だけでは希望の就職をかなえることができなかった…ということがよくあります。一生ものの「国家資格」を取得するために、再度、「国家資格」が取得できる学校に入り直すといった事態に陥らないよう、学校選びは最初が肝心。慎重に行いたいものです。


独自学習


価値ある資格も在学中に取得可能!

介護予防運動スペシャリスト認定資格

高齢者が介護を必要とすることなく、その方らしく生き生きと毎日が送れるようサポートするのが「介護予防運動スペシャリスト」の仕事。介護施設やリハビリ施設、スポーツクラブなどへの就職に有利な資格です。

日本トレーニング指導者協会認定資格

競技スポーツとフィットネスの両分野で幅広く活躍できる運動指導者の資格です。JATI認定トレーニング指導者(JATIーATI)とは、一般人からアスリートまで幅広い目的や対象に応じて、科学的根拠に基づくトレーニング指導を行う専門家の資格です。国内では、3,500名を超える認定者が活動しています(2015年4月現在)。トレーニング指導者の取得後、上位資格となる上級トレーニング指導者や特別上級トレーニング指導者を目指す事ができます。